歯の色が気になる
~審美歯科・ホワイトニング~

歯を白くして自然な笑顔を取り戻しましょう

銀歯や歯の黄ばみなど、口元にさまざまなお悩みを抱えている方は少なくありません。

横浜市緑区長津田の歯医者「長津田ふじた歯科・矯正歯科」は、セラミックをはじめとした素材での補綴治療や、ホワイトニングで歯を白くする方法をご提案。キレイな歯を実現したい方はぜひともご相談ください。

イメージ

銀歯で悩んでいませんか?

写真会話をしているとき、銀歯が見えてしまうのが気になる方もいらっしゃるかと思います。鏡を見るたび、虫歯治療の跡が気になるかもしれません。審美歯科では、自然な白いセラミックの詰め物や被せ物(補綴物)に取り替える治療を行います。一人ひとりの咬み合わせやアレルギーに配慮しながら治療法を選択します。また、銀歯の接着にしようしたセメントが劣化することで、そこに虫歯菌が入り込み虫歯が再発する二次カリエスのリスクの予防にもなります。

銀歯のデメリットについて

銀歯をセラミックの詰め物・被せ物に交換せず、そのまま使用すると以下のようなデメリットがあります。

金属アレルギーのリスクがある
銀歯は金属でできており、金属アレルギーを引き起こす可能性があるといわれています。
見た目のコンプレックスになってしまう
ギラリと光る見た目が気になってしまい、コンプレックスになってしまう方がいらっしゃいます。
歯ぐきが黒ずんでしまう
長年の使用により、金属イオンが溶け出すことで歯ぐきのキワが黒ずんでしまうことがあります。
咬み合う歯を傷つける
金属は健康な歯よりも硬いため、咬み合う歯を傷つける可能性があります。

取り扱い素材について

当院では患者様一人ひとりのご希望に合うよう、さまざまな素材をご用意しております。また、信頼のおける技工士と連携することで、患者様一人ひとりに合わせた補綴物を提供できます。

オールセラミック
オールセラミック

すべてがセラミックの素材。健康な歯のように白くて美しく、透明感があります。ただし、部分的な力で割れてしまうこともあります。

ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック

セラミックとレジンを混ぜた素材。オールセラミックよりも少し審美性は劣りますが、天然歯のような硬さで、咬み合う歯を傷めません。

ジルコニア
ジルコニア

セラミックのように美しく、力のかかり具合を分散できる素材。美しくて丈夫という特徴があります。

e-max
e-max

クオリティが高いセラミックの素材。美しいだけでなく、強度や弾性にも優れ、長期間使える補綴物です。

メタルボンド
メタルボンド

自然な見た目と咬み心地を再現した素材。強度のある金属の上に審美性の高いセラミックを焼きつけており、見た目も考慮されています。

メタルボンド
ラミネートベニア

セラミック製の薄い板を前歯に貼りつける方法。ホワイトニングで白くなりきらなかった歯や、すきっ歯の改善などができます。

歯の黄ばみはホワイトニングで白く

メタルボンド 「黄色くなってしまった」とお悩みの方も、ホワイトニングでキレイな歯を取り戻せるかもしれません。当院では、ホームホワイトニングによる自然な白い歯づくりをお手伝いいたします。

歯が変色してしまう原因

歯が変色する理由は大きく分けて2つあります。外因性と内因性について、それぞれご紹介します。

外因性の変色 内因性の変色
食品の色素や喫煙習慣などが影響します。コーヒーやお茶、紅茶、コーラ、赤ワインなど、色が濃く着色性の強いものが着色の原因になりやすいです。 加齢とともに歯が黄ばみ始めるのは自然な現象。これは、歯のエナメル質が薄くなり、象牙質がうっすら見えるからです。また、先天的な変色が起こる可能性もあります。

当院のホワイトニングメニュー

写真 当院のホワイトニングは、患者様への負担が少なく、ご自身のペースで取り組みやすいホームホワイトニングを行っております。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、専用のマウスピースに薬剤を塗布し、歯を白くする方法。自宅で、ご自身のペースで取り組んでいただけます。

イメージ

医院情報・アクセスはこちら

お母さんとお子さんの歯科治療

  • 子どもを歯医者嫌いにさせないために
  • 子どもの歯科通いQ&A
  • 小児矯正について

歯科治療にお悩みの方へ

  • 現在の治療に不満のある方へ
  • 治療中断のデメリット
  • 治療計画の重要性
  • 矯正相談講座
  • 歯が痛い
  • 子どもの歯が気になる
  • 虫歯・歯周病になりたくない
  • 歯がグラグラする
  • 歯の色が気になる
  • 抜けた歯を補いたい
  • 歯並びについて

pagetop